ビーグレン b.glenは、浸透テクノロジーで特許を取得した口コミでも評判の良いスキンケア基礎化粧品ブランドです。楽天ショップなどには出ていないので知らない方もいるでしょうが、大人のニキビケア、美白、シミ、くすみ、毛穴のケア、黒ずみ、しわ、小顔、アンチエイジング等のスキンケアのトライアルセットも充実していて大変、好評で人気のサイエンスコスメブランドです。

シミに関しての豆知識

シミに関しての豆知識

 

●シミができる原因は?


さて、「シミ」ができる原因とは? いったいなんでしょうか。


「シミ」にも種類がありますから、その種類によっても原因は異なります。


一般的には「シミ」と言われると多くの方が思い浮かべるのは、
「老人性色素斑」と呼ばれる「シミ」で、
30代以降の人に見られるのが特徴です。


「老人性色素斑」の原因は紫外線で、
特に若い頃は平気でしていた日焼けなどが原因だと言われています。


このため、「日光性色素斑」と呼ばれることもあるのです。


若い世代に見られ、
年齢と共に改善することが多いソバカスも「シミ」の一種ですが、
このソバカスは紫外線の他に、遺伝も原因になります。


これに対して、ニキビの跡などに色素が沈着してしまい「シミ」になったものを
「炎症後色素沈着」と言い、その原因はニキビなどの炎症です。


また、最近知られるようになった、
30歳代以降の女性に見られる「肝斑」という「シミ」は、
はっきりした原因はまだよくわかっていませんが、
女性ホルモンやストレスが原因ではないかと考えられています。

このように、「シミ」といってもその種類によって原因は様々なのです。

 

●シミと肝斑は違う?


「シミ」と「肝斑」は違うものなのでしょうか?


正確に言えば、肝斑はシミの一種になります。


ですが、
一般的にシミと呼ばれているものの原因が紫外線であるのに対して、
肝斑は女性ホルモンの働きが原因と考えられている点が大きな違いです。


また、一般的なシミは特に規則性というものが無いのですが、
肝斑はなぜか左右対称にできるという特徴があります。


例えば、老人性色素斑と呼ばれるシミの場合、
30代以降に現れることが多く、
年齢を重ねるにつれて増えたり濃くなったりするでしょう。


でも、肝斑の場合には、
30代以降の女性に現れるという点は同じですが、
閉経期を迎えると改善するという傾向があります。


また、ピルの服用や妊娠によっても肝斑が出ることがあるようです。


女性ホルモンが関係していると考えられているのはこのためです。


このように、シミの原因が紫外線ではないため、
その改善方法にも違いが出てきます。


とは言え、
シミの素となっているのがメラニン色素であるという点では
他のシミと同じですから、肝斑もシミの一種なんですね。

 

今あるシミを薄くする成分「ハイドロキノン」!!

 

●シミ対策に良い生活習慣


シミ対策に良い生活習慣とは、どのようなものなのでしょう。


これは大変基本的なことですが、以下のようなことが挙げられます。


・栄養バランスの良い食生活を心がける。

・暴飲暴食はしない。また、喫煙も控える。
 そして、規則正しい生活する。

・ストレスや疲労をためない。


これらはシミを改善するのはもちろん、
美肌や健康のためにも必要なことですね。


当然ですが、シミは肌の状態によって良くも悪くもなります。


どんなに高い美白化粧品を使っても、
栄養バランスが悪ければ体の内部が不健康な状態になってしまい、
肌トラブルは改善しません。


それに、暴飲暴食や喫煙も内臓に負担をかけ、
新陳代謝の妨げになるので、
シミの改善のためにも控えるようにしてください。


シミは肌が生まれ変わっていく度に薄くなっていくものですが、
このターンオーバーが上手く機能しないと、
シミを薄くすることができないのです。


また、ストレスや疲れの溜まった状態が続けば
肌の調子も悪くなり、
シミばかりか顔全体がくすんでしまったり、
クマができてしまいます。


特に、肝斑というシミの場合は、
ストレスが大きな要因となっていると言われていますから、
余分なシミまで作らないよう
ストレスや疲労は溜めないようにしたいものです。


そのためにも、できるだけ規則正しい生活を送り、
成長ホルモンが一番多く分泌されると言われている
夜の22時~深夜2時の間に睡眠をとるようにしましょう。


 


●シミの種類


シミと一口に言っても、その種類は様々あるのです。


シミの種類により、
その「色」や「出方」「出る場所」等にも違いがあります。


まず、若い時分にさんざん浴びた紫外線が原因となり、
やがて加齢と共に出てくるのが、「老人性色素斑」というシミです。


「老人性色素斑」には、
直径、数mmから数cmの丸くて比較的に濃い色の色素班が
頬や腕、背中などに出るという特徴があります。


また、CMで一躍有名になった肝斑は、
女性ホルモンが関係していると言われているシミです。


30代以降の女性の顔に左右対称に出るのが、
肝斑の主な特徴になります。


俗に言われる「ソバカス」も、
小さな薄いシミが、鼻や頬などに広範囲に広がっているもので
これもシミの一種です。


その他にも、
ニキビの炎症後に残る「炎症性色素沈着」と呼ばれるシミや、
色が目立つだけでなく盛り上がりができてしまう
「脂漏性角化症」というシミもあります。


それぞれのシミの原因によっても
対処法には違いがありますから、
自分のシミがどのタイプであるのかを正しく判断しなくてはなりませんね。

 

今あるシミを薄くする成分「ハイドロキノン」!!

 

●シミ対策に良い「食べ物」


シミ対策に良い。効果的な食物には、以下の三種類があります。


・シミが出来にくくなる食物

・シミを薄くする食物

・肌の再生を促す食物

まず、シミをできにくくするためには、
メラニンの生成を防いだり、メ
ラニン色素を薄くする働きのある「ビタミンC」が効果的です。


「ビタミンC」といえば
真っ先にレモンを思い浮かべる人が多いのではないかと思いますが、
柑橘系の他にも、キウイや苺、アセロラなど、多くの果物に含まれています。


それに、緑黄色野菜にも多く含まれていますが、
「ビタミンC」は熱に弱いため、
やはり果物から摂取するのが一番摂りやすいかもしれません。


また、「ビタミンC」だけでなく、ビタミンAにも美白効果があります。


ビタミンAを多く含んでいる食べ物としては、レバーやウナギが代表的ですよね。


もちろん、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜にもたくさん含まれています。


ビタミンAには美白効果の他に肌の再生効果もありますから、
積極的に摂るようにしましょう。


また、『抗酸化作用』のある
「ポリフェノール」を多く含んだ食べ物もシミ対策には効果的です。


「ポリフェノール」といえば、
赤ワインでのブドウを思い浮かべると思いますが、
大豆製品にも多く含まれています。


大豆製品は「ポリフェノール」だけでなく
大豆イソフラボンも多く含みますから、美肌効果も得られて一石二鳥です。


 


●シミ対策の「フォトフェイシャル」とは?


シミ対策の「フォトフェイシャル」とはどんなものなのでしょう?


「フォトフェイシャル」とは、
特定の波長の光を当てることで肌トラブルを改善するスキンケア方法の一つです。


IPLという光を照射することによって真皮が刺激されるため、
コラーゲンの生成力が高まって、
みずみずしくハリのある肌になるといわれています。


「フォトフェイシャル」の効果はそれだけではありません。


メラニン色素を破壊できるので、シミやくすみを薄くすることができるのです。


それに、コラーゲンの生成により、シワやたるみが改善したり、
ニキビ跡を目立たなくしたり、毛穴を収縮させるという効果もあります。


ですから、シミ対策だけでなく、総合的なスキンケアができるわけです。


しかし、「フォトフェイシャル」といえどもデメリットはあります。


「フォトフェイシャル」で使用される光は弱いので危険は少ない。
とは言われていますが、
照射の出力によっては肌に火傷を負ってしまうこともあるでしょう。


また、光は弱いとはいっても、お肌に刺激を与える。
ということには変わりはないですので、
肌の弱い人やアトピーの方などは、
何らかの肌トラブルが起きてしまうこともあります。


ですから「フォトフェイシャル」は、
充分に信頼できるクリニックを選んで、
事前カウンセリングでしっかり内容を確認した上で
受けるようにしたいものですね。


 


●レーザーでシミを消す

レーザーでシミを消すのはどうなのでしょう?


長年シミに悩み続けてクヨクヨするよりは、
思い切ってレーザーでシミを消してしまうというのも、
一つの選択肢としてアリだと思います。


ですが、シミのレーザー治療を受けるにあたっては、
そのリスクなどもしっかり考えた上で決断してほしいものです。


一般的に、
シミのレーザー治療は安全で簡単だと言われていますが、
医師の技術次第で大きく結果が変わることもあるので
注意が必要になります。


病院を選ぶ際には、
評判のよい病院を調べて決めるようにしてください。


また、レーザー治療後には
しっかりとしたアフターケアが必要不可欠です。


刺激を与えたり、
強い紫外線に当たらないようにするのはもちろんですが、
処方された薬などを指示に従ってきちんと使用するようにしましょう。


場合によっては副作用でシミが濃くなってしまうこともありますから、
気をつけなければなりません。


それに、もう一つのネックは、その価格でしょう。


シミ取りのレーザー治療は保険適用外になりますし、
費用はクリニックによって様々ですから、
事前にホームページなどでよく確認しておくといいですね。


 


●シミを「化粧品」で隠す?


シミを「化粧品」で隠す。というのは、
シミの対処法の一つといえるでしょう。


UVカットの「化粧品」を使えば、
シミが濃くなっていくのを防止できますし、
化粧品で少しでもシミを目立たなくしたいと思うのは当然ですよね。


とは言え、
夏には特に化粧崩れに気をつける必要があります。


また、シミがなくなる。というわけではないので、
根本的な解決策ではありませんね。


シミをなんとか隠したい。と思うあまり、
つい厚化粧になってしまう。ということもよくあるでしょう。

実は、ストレスはシミに良くありません。


特に30代以降の女性に多く見られる肝斑というシミは、
ストレスも大きく関係していると言われています。


女性の顔に関する悩みは、
自分が思っている以上に大きなストレスになってしまいますから、
シミによるストレスが新たなシミの原因にもなりかねません。


ですから、も
し、すごく気になるようなら、シミ取りを考えた方が良いでしょう。


シミ取りには美白化粧品を使う他に、
病院で相談するという方法もありますよ。


化粧品によるシミ隠しは、
あくまでも一時的に見えなくしているだけですから、
シミの改善策も考えた方がいいですね。

ただのシミ隠し化粧品ではない「ビーグレン」。

ビーグレンでシミの改善策をしてみてはいかがですか?


今あるシミを薄くする成分「ハイドロキノン」!!


 




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0